建物の安全性を見分けるなら建物の点検が必要

被害を抑制する効果あり!点検で発見できる白蟻の痕跡 被害を抑制する効果あり!点検で発見できる白蟻の痕跡

丁寧な点検で白蟻の有無から建物の健康状態まで丸わかり

プロの業者に白蟻点検を依頼するとどのように作業が進むのか、具体的な作業内容と流れを見ておきましょう。

白蟻点検の流れ

説明

作業をはじめる前に、点検箇所を確認したうえで大まかな流れの説明を受けます。羽蟻を見かけた場所などとくに気になる箇所は、この時点で伝えましょう。床がミシミシする、外壁がひび割れしているなど、住まいに関する悩みを一緒に伝えると、白蟻の仕業かはっきりします。

外回り

ウッドデッキ、フェンス、庭木など白蟻が好んで食べるものがどのくらいあるか、確認します。すでにトラブルが起きている場合には、どの程度被害が出ているかを調査します。外壁の状態もあわせて確認、雨漏りをしている場所はないか見ていきます。

室内

バスルームやお手洗いなど湿気が出やすい箇所を念入りに調べて、白蟻がいないか確認します。床下からの点検が難しい場所についても、室内からできる限りの情報を集めます。和室があるご家庭なら、畳の裏も重要なチェック箇所です。侵入経路になりやすい玄関は、木枠や框にトラブルサインが出ていないか、蟻道はないかなどを確認します。

床下に侵入

床下には、キッチンや洗面所の床下収納庫から入ります。床下収納庫がないご家庭は、和室の畳の下などに侵入口を確保します。作業着に着替えたスタッフがカメラを持って地下に入り、頂いた間取り図をもとに調査します。白蟻被害の有無だけでなく、木材の状態やカビの発生有無など、考えうるトラブルの項目別に調べていきます。配管の水漏れ、土台のダメージなどメンテナンスが必要な箇所も分かるので、住まいの定期診断代わりになります。

テレビで状況確認

撮影した画像をもとにして、その場で簡単な結果報告をします。詳細レポートに落とし込んだものは、また後日のお渡しです。住まいの状況を記録したレポートなので、大切に保管しましょう。メンテナンスについてアドバイスするケースもありますが、無理に申し込みする必要はありません。

TOPボタン